I Shall Foot It! ~あるいてく~

銀河系を巻き込んだ親子喧嘩に加担した密輸業者の宇宙船の模型を作ってます

ロケットストーブの火入れ式

   

昨日作成したロケットストーブを使ってみました。

 

 

念のため、消火砂(パーライトで代用)とホースをスタンバイして、バーナーで着火します。

消火器は配達待ちです。

 

 

難なく着火し、吸気しながら効率よく燃焼していきます。細い端材なら4,5分、10cm位の2×4材でも15分くらいでどんどん燃え尽きます。

吸気しているのでこの部分から灰も煙も殆ど発生しません。

 

 

断熱が効いていて、ペール缶は冷たく、後半でもほんのりあったかい程度。

煙突がペール缶と近い部分の側面は取っ手の持ち手のプラスチック部分がわずかに溶ける程度には熱くなりました。

 

丈夫からは、時折灰が出る程度。

 

 

五徳を置いて調理も。

手元に無かったので四角形の五徳を置いてみましたが、安定が悪いので円形に交換する予定。

庭の選定した枝もどんどん処理できるスピードで燃えていきますので、期待以上の物でした。

 

それにしても、人間の本能なのか炎を眺めてると飽きないですね。

 

2時間くらい黙々と燃やし続けてました。

  関連記事

関連記事

 - DIY, ロケットストーブ