I Shall Foot It! ~あるいてく~

銀河系を巻き込んだ親子喧嘩に加担した密輸業者の宇宙船の模型を作ってます

ドイツ2号戦車を作ってみた

   

小学校以来の戦車模型

ファルコンの作製が、いろんな細かい事に手を出しすぎてとっ散らかしてしまい、どのように纏めていこうかと思案する中、気分転換を兼ねて小学校の時によく作っていた戦車模型を作ってみました。

(ちょっと観ましたが個人的には琴線に触れなかった)例のアニメの影響で、巷では空前の戦車模型ブームであり、雑誌の特集記事も比率が高いように思います。

いろんなテクニックが披露されているので、いろいろ試したくなった次第です。ファルコンにもいろいろ応用できそうです。(というより、テクニックの素地が無いので、今回はお勉強の要素が強いです)

 

 

練習用にドイツⅡ号戦車を購入

失敗してもダメージが少ないコスパのいいキットを調べてみると、タミヤ1/35 ドイツⅡ号戦車が鉄板らしい。初めて作ったという方はほとんどこれからのスタートみたいです。

70年代に発売された古いキットですが、お手頃サイズ、お人形さんが5体も付いてて千円を切っています。

これなら、失敗しても心の翼は折れずに済みそう。

 

IMG_7719

 

 

作製手順

山の様に素晴らしい作製サイトがありますので、それらを参考にしながら作りました。

参考になる内容ではありませんが、備忘録を兼ねてさくっと記録しておきます。

素組み

そんなに部品数も多くないので、目立つバリやパーテーションラインを消しながら2時間弱で組みあがりました。

キャタピラは、昔懐かしい突起をゴムの穴に通して熱したドライバー等を当てて溶かして固定する方式。

IMG_7703

 

サフ掛け・シャドウ入れ

サフ1000を吹いて、ブラックでシャドウを入れます。

勝手が分からん。。あれこれ参考にしながら、適当です。

IMG_7709

 

基本色塗装

ダークイエロー原色そのままと、つやけしホワイトを混ぜた二種類で塗り分けました。

 

IMG_7710 IMG_7711

写真でみると違いが分かりませんが、微妙に明暗付けてます。これでいいのかは分からん。。

 

迷彩塗装

今回は、マニュアルに掲載されている「第2戦車師団所属車」のパターンを参考にしました。

レッドブラウンをてきとーに吹き付けます。生産工場で明細を施した車両と、現場で兵士が適当に塗った車両が存在した方です。

もちろん、後者の想定なので、これでいいんです!(笑)

IMG_7712

 

デカール貼り

デカールを貼り、ヘッドライトに透明エポキシパテを盛ってそれらしくしてみました。あとで汚すけど。

IMG_7715

転輪のゴムの部分を塗り分けしました。少しはみ出てしまいましたが、これも汚すので気にしない。

IMG_7713

 

油絵具でウォッシング

タミヤエナメルや各社から出ているワェザリングウェザリングカラーでもいいんですが、今回は油絵具を使ったウォッシングにチャレンジしました。

画材屋で、溶剤としてターペンタインと茶系の油絵具(バーントアンバー)を購入。

溶剤は、ペトロールを使った作例が多いですが、こっちの方が乾燥が緩やかなのと、匂いもきつくないとのこと。

IMG_7717

 

模型界では、絵具や筆はウィンザー&ニュートンのものが人気があるみたいですが、近くの画材店では取り扱ってなかったので国産のクサカベをチョイス。

 

 

過程の写真はありませんが、塗装皿でわしゃわしゃと薄めて全体に塗りたくって吹き上げます。

slproImg_201608212154540.jpg

写真は、ウォッシングを掛けた後に艶消しクリアを吹いた直後の様子。まだ新車ですね。

 

ウェザリング

お手軽作製ということで、タミヤエナメル「パフ(X-57)」でドライブラシを掛けた後、泥汚れを付けていきます。

海外製品でよだれが出そうな良さげなマテリアルがたくさんありますが、これも近くの模型やさんでホコリを被って売れ残っていたものを使いました。

IMG_7726

これに、アクリル溶剤を混ぜてキャタピラや本体下部に塗り付けました。

見た目、塗りつけるといっても後でポロポロ取れそうだなと思ってましたが、乾燥後はしっかり固着します。

これも購入しましたが、今回は未使用。汚しにジオラマにと、使い勝手がよさそうです。

(最近は、ディオラマ→ダイオラマなどの表記がありますが、いまいち慣れません。)

更新:買ったグッズを載せ忘れました(^^;

 

 

 

完成写真

そんなに手数を重ねない塗装で、あまり時間もかけずにここまで出来れば、まずは及第点かな。

ほんと、ネットの情報は重宝しますね。30年前だったら絶対ここまで出来てないです。

IMG_7728

IMG_7731 IMG_7730 IMG_7732

 

ふりかえり

かなり駆け足で仕上げたので、反省点と次回は取り入れようと思う点がいくつかありましたので纏めます。

良かった点

  • 気軽に、楽しく作れてモチベが上がった!
  • 泥テクスチャの使い方、クセを把握した!
  • この戦車の時代背景、スペックなどをそれなりに調べてから作製したので興味を持って作れた!

反省点

  • 砲塔の部分、もう少し汚し入れても良かった
  • 木製のボックスを先に本体に接着してしまったので塗装がやりにくかった
  • エアブラシをもう少し細吹きにして迷彩パターンを小さくすれば良かった
  • せっかく入れたシャドウが、基本色にかき消されて効果を感じられなかった

 

次回チャレンジしたいこと

  • 履帯が自重でたるんでる様をちゃんと表現
  • 汚しを抑えてディテールをごまかさない
  • フィギュアの塗装

 

それでは、ファルコン作製に戻ります~。

 

 

  関連記事

関連記事

 - AFV ,