I Shall Foot It! ~あるいてく~

銀河系を巻き込んだ親子喧嘩に加担した密輸業者の宇宙船の模型を作ってます

デアゴ ミレニアムファルコン作成記 Episode 105 [コクピットをもっかい作り直す-その1]

   

以前作成したコクピット、ここまで仕上げていたんですが。。。

 

 

 

電飾、回路も問題なく動作するんだけどボディ取り付けの建付けが悪くて、前々から作り直したいと思っていました。

ファルコン作成を中断した直後の号(94巻あたり)あたりから再開しても良かったんですが、「ハン・ソロ ストーリー」を観て是非とも作り直したくなるポイントがあったりしてモチベーションも上がり気味。

自ら茨の道に踏み込んでいる感はありますが、もう一回コクピットを作ることにしました。

 

 

前作ったコクピット部です。これはほとんどとっかえちゃいます。

 

 

 

コーンは、窓枠の切り出しとかモールドなど、デアゴが間違ってる部分は改善されているsyapewaysのパーツに換装します。

黒サフ吹いてみたけど、材料の質感が他と異なるので少し厚めにサフを吹く必要がありそう。

 

 

 

 

コクピット内部はエッチングパーツとsyapawaysで取り寄せていたパーツを組み合わせていきます。

初版より改善したいポイントはこんなところ

  • コンソールをエッチングパーツでなく3Dパーツにしてチッピングで発光部を作る(点滅はあきらめる)
  • コクピット天井もファイバーを引き回す(大変そう)
  • 蛍光灯(周囲を取り巻くように光る部分)の光度を上げる
  • ドアの12連LEDを少し凝縮したい(前回はドアの方の穴を拡張して見える様にした)
  • 後方シートの底上げ
  • LEDユニットのコンパクト化

 

 

 

 

もう後戻りはできない。

操縦席フロアをぶっ壊して、プラ板加工とパテ埋めし乾燥中。削れるのは24時間後です。

速乾パテでも良かったけど積みプラ崩しもあるのでまったり進行です。

 

 

 

 

一度は通った道、失敗経験や先達の事例も豊富なので、今回はあまり迷わずに進めるんじゃないかと。

それと、多少の妥協は許容して進めていきたいと思います。

 

自分の作成スキルと、知識レベルの身の丈にあった事をやらないと、いつまで経っても終わらないことをやっと学びました(笑)。

 

 

  関連記事

関連記事

 - デアゴ ミレニアムファルコン , , , , ,