I Shall Foot It! ~あるいてく~

銀河系を巻き込んだ親子喧嘩に加担した密輸業者の宇宙船の模型を作ってます

デアゴ ミレニアムファルコン作製記 Episode 092 67号[穴メカ組立てと穴メカ情報まとめ]

      2017/04/23

続いて67号のいわゆる「穴メカ」を組み立てました。

残る1つが配布される前に、これまでの穴メカ組み立て指示の号を検索し、まとめました。(ほとんど自分メモです)

 

穴メカとは(おさらい)

デアゴの塗装指示から抜粋。

機体下部の前方に見えるプレートから一段下がった、内部がむき出しになっている部分をデアゴでは、「穴メカ」と記載しています。

これまであまり意識していなかったのですが、ファルコン界(そんなのあるんか?)では一般的な用語なのでしょうか。自分はあまり意識していませんでした。

この「穴メカ」、エピソート4から5に掛けて着陸脚の改修があり、穴メカの形状も中のパーツも変わった様です。

エピソード4の時の穴メカの様子。現存していない部分です。(SWクロニコルより)

 

そもそも、デアゴ配布の穴メカも結構アレな感じなので、ディテールアップの参考に眺めていました。

 

角形の穴メカは、機体上部に4つ、下部に2つ、合計6つありますが、これまでに5つが配布されています。

それぞれ微妙な工程でストップしてましたが、ここらで同じ具合に仕上げて本体にセットしていく準備に入ります。

 

66号配布パーツ

66号で配布されたパーツの組み立てです。67号のパーツには何も手を付けません(笑)。

デアゴ、このパターンが多いです。組み立てるときに配布すればいいのに。

しかも、ランナーに付いてるパーツを全部使用しないので、混乱しないようまた小袋に戻しておく必要があります。

 

右舷後方穴メカ組立て

指示に従って組み立てた状態です。今までには無かった(正確には53号で組み立てる右舷前方の穴メカでも確認できるのですが、今回はこちらを先に対応した)穴メカ押し出しピンの跡が多数あり、結構気になるポイントです。

 

一部のジャンクパーツを東京に持ってくるのを忘れてしまったので同じキットからディテールアップする羽目になりました。

何を使っているか分かる方は分かると思いますが、黙っててほしいところですw

 

配布パーツのまとめ(自分用)

これまで思い出した様に配布されてきた穴メカ関連情報を纏めてみました。

デジタル版サービスで”穴メカ”のキーワードで検索した結果、検索された号です。左舷前方が未配布です。

号数 場所 名称 作業内容
19号 下部 左舷 組立指示
24号 無くさない様に、とのコメントのみ
42号 下部 右舷 組み立て指示
46号  止めの作業のみ
47号 他の組み立て時に触れてるだけ
53号 上部 右舷前方 組立指示
55号 下部 左右 本体への取り付け
63号 上部 左舷後方
66号  パーツ一覧の記載だけ
67号 上部 右舷後方  組立指示

まとめて作業される場合、冊子をひっかき回さなくても良くなると思います。ご利用ください。

  関連記事

関連記事

 - デアゴ ミレニアムファルコン , , , , ,