I Shall Foot It! ~あるいてく~

銀河系を巻き込んだ親子喧嘩に加担した密輸業者の宇宙船の模型を作ってます

デアゴ ミレニアムファルコン作製記 Episode 049 [主船倉(R) ・ベッドのディテールアップと電飾]

      2016/06/26

6/26 記載の誤りを変更しました。船倉壁(F)→船倉壁(R)

笑撃の事実

自分で設計して3Dプリンターで出力したベッド手前の梁パーツ(正式名不明)。

精度が悪いけど、これを「鉄!」と言い張って作業を進めようと思っております。

パーツつけたり、パイプ這わせたりしたあと汚せばそれなりになるかと考えてます。

IMG_7145

 

今日は、素組みをして全体バランスを確認して、梁パーツをいろいろいじるつもりでした。

IMG_7144

が。。

IMG_7146

 

入らんやんけ(一人で爆笑)

理由は明白です。

taraさんが、「今ならこっちを買う」と言って紹介していたカウボーイハットのおじさんが販売するパーツを見て、

 

 

952

 

ということをで、疑いもなく9.52mmの寸法で作ってたんですが。

 

IMG_7147

ベッド壁のパネルを追加した分、はみ出てしまいました。(笑)しかも、ベッドパネル、上部と下部で傾斜をつけてしまったので、梁と干渉します\(^o^)/

ベッドの方を主張したいので、このパーツは作り直しとなりました^^;

 

船倉壁(R)のディテールアップ

IMG_7151

皆さんもう既に対応がお済みかと思われる船倉壁にようやく着手しました。

アーチ右のディテールアップポイントは、3Dプリンタでモールを作ってそのまま貼り付ける方法にしました。(壁に穴を開けない)

IMG_7152

ジャンクパーツが殆ど無いんです。。

何のパーツかバレバレですよね。。分かったとしても黙って頂いてもらって良いでしょうか?

IMG_7153

でっち上げです。あまり見えなくなるのでコレくらいでいいかな~。

 

IMG_7177

まだ新品ファルコンな状態のため、この後落ち着かせたりつや消し吹いたりして経年劣化塗装していきたいと思います。

 

ベッドのディテールアップと電飾

上部ダクトを除く、ベッド部分を仕上げていきます。忠実に作ろうとすると、あれもしなくちゃ、これもしなくちゃと、どんどん増えて息切れしてしまいそうなので、でっち上げ全開で進めます。

オリジナルパーツの作製

劇中のシーンを元に、自分でモデリングして3Dプリンターで出力したパーツです。

IMG_7148

純正と異なるのは。。。

  • ベッドの形状を単純な楕円から劇中の様に歪んだ形に変更
  • 奥のディテール追加(でっち上げ)
  • 足元(?)のパネル部分開口(でっち上げ)
  • 壁面にディテール追加(でっち上げ)

ってところです。3Dプリンター、ABS素材でもこういった単純な形状で、大きめのパーツであれば、印刷後磨けば十分実用に耐えると思います。

クッションの作製

外周が純正より長くなっているので、代用できるパーツをどうしようかと悩んでましたが、灯台下暗し、純正のパーツを切り刻めばいいじゃない?

んで、貼り付けてしまいます。

IMG_7155

代用できる素材をずっと探してましたが、これが一番安上がり。

IMG_7156

 

ベッド奥のディテールアップと電飾

ベッド奥の壁は3Dプリンタで出力したもの。デフォルメされた形状のみとし、細かい部分はでっち上げていきます。

IMG_7157

 

左円形のパーツは、黒瞬着をハンダみたいに乗っけて、ポリウレタン銅線を突っ込んで硬化促進スプレーで固定して作製。

右側は電飾してる方にはバレバレですが、定電流ダイオード(CRD)です。全く通電していません。何に使うかというと。。。

IMG_7158

クリアイエローで塗って、裏からファイバー(後で先端をクリアイエローで塗装)で照らすことで、ベッドに備え付けられたガラス瓶?を表現してみました。

手首切られたルークが横たわってる時には、この黄色い液体を左側のチューブを使って点滴してるんだと、これもでっち上げ。

 

IMG_7166

実際は中心ではないけど、赤色を1.5mmファイバーをワンポイントで追加しました。こちらもクリアレッドをファイバーの先端に盛っています。

いままでずっと0.25mmファイバーばかり扱ってたので、この太さの加工は何の苦も無いです。

模型の世界は、小は大を兼ねる様です(笑)

側面のパネル

IMG_7167

現場合わせで3Dプリンターで出力。

今回から黒ABSを使っているのですが、磨けばツヤが出てきました。心なしかクリア素材より粒子が細かい気がします。最初から遮光もできるし、模型様にはこちらが合う気がします。

 

側面パネルの電飾

0.8mmの穴に対し0.75mmのファイバーを4本通しました。中心の2つはクリアブルーを盛っています。

ここのディテールは劇中でも資料でも、自分では詳細不明と思っているのでジャワの目よろしく真っ黒+光点のみでいいか。の結論。

IMG_7168

 

ベッド点灯式

ここは点滅とか全く考えていないので、机の照明にファイバーを向けて撮影したものがこちら。

 

IMG_7174

 

どアップだとアレですが、遠目に見る限りなかなかいい感じです。

 

次は、ベット上部を作製予定

実物セットでは、ベッドからダクトが伸び、天井に赤ライト。知らなかった。。

PowerDVD10 2016-05-28 06-36-05-815

 

ここまでやると流石に下が見えなくなるので、ダクトまでとしましょう。

上部のダクトと下向き照明は、3Dプリンターでは精度が厳しかったので、プラ版で表現する予定です。

IMG_7176

 

 

 

 

  関連記事

関連記事

 - 3Dプリンター, デアゴ ミレニアムファルコン, 電飾 , ,