I Shall Foot It! ~あるいてく~

銀河系を巻き込んだ親子喧嘩に加担した密輸業者の宇宙船の模型を作ってます

デアゴ ミレニアムファルコン作製記 Episode 056 [穴メカの準備 ワイヤーベンダーを自作した]

      2016/07/31

夏真っ盛り

IMG_7460

午前中は、伸び放題の庭の雑草を刈って、ひととおり終わったところで庭先のハイビスカスをパシャリ。

夏ですねえ。

 

 

でも、あまり関係なく、ファルコン作ります。

機体の下部、しかも劇中でもほとんど真っ黒で殆ど詳細が映らないいわゆる「穴メカ」を作ります!

手抜きできるところなのに、皆さんも頑張ってますし。

IMG_7455

 

IMG_7457

パーツのアップ。なぜかところどころ緻密なモールドが施されていて嬉しいんですが、塗装の差が大きく、隣り合ったパーツでも片っぽだけ汚れが目立ってたりする

 

 

IMG_7477

 

パイプはちょっとタルくて、パーティションライン処理も大変そうなので、交換したくなるのはとてもわかる気がします。

taraさんに倣い、プラスチックのパイプを進駐、基い、真鍮線に置き換えようと思います。

 

 

 

 

作業に取り掛かる前に、前準備で太めの金属棒を曲げる治具、いわゆるワイヤーベンダーを自作しました。

 

市販のワイヤーベンダーは細かい作業が苦手

ホムセンで普通に売ってるこのタイプ。。

IMG_7467

Amazonより安く、300円位だったので買ってみました。

IMG_7475

 

IMG_7476

 

 

直角、さらに直角。。という曲げがうまくいきませんでした。曲げる最中ににょろっと回転してしまうのです。

自分にはちょっと合わないかも。

 

自作ワイヤーベンダーの作り方

ネットを調べると、結構自作されている方が多いので、参考にしながら作ってみました。

材料

近くのホムセンで揃えました。材料費は1,000円位です。

IMG_7468

ジョイントプレート。20cmくらいのと30cmくらいのを2本。ステンレス製は高かったので鉄製にしました。

IMG_7469

M4サイズのボルトと、プレートの固定を強化するためのフランジナット、支点の部分に用いて回転させるために、座金はバネ付きのものを。

内径4mmのスペーサ(5mmのは使いませんでした。)

鉄製だとボルトが曲がったという報告が多数あったので、ボルトだけはステンレス製を使い強度を高めたつもり。

 

作り方

IMG_7470

できあがり!

作り方を載せるほどでもなく、簡単です。

IMG_7471

 

支点を回転させたときに、上側のプレートのナットが干渉しなければイイと思います。

(真ん中のビスは、ばね座金を複数通してかさ上げしています。本来の使い方じゃないけど)

 

使い方

IMG_7472

 

このようにセットして。。。

IMG_7473

えいっと折り曲げます。てこの原理で簡単に曲がります。楽しい!

作例では、ビスがむき出しのものもありましたが、自分の場合はスペーサを付けてキズが付かないようにしました。

ただし、Rが大きくなってしまいます。

 

IMG_7474

 

2mm、3mmの真鍮線はキレイに直角が出せました。

 

IMG_7478

 

プラパーツの数分、曲げ終わったところでタイムリミット。

 

高校の呑み会に行ってきます!沖縄旅行ということで、30年振りの再会です(^^;

 

 

 

 

  関連記事

関連記事

 - デアゴ ミレニアムファルコン , ,