I Shall Foot It! ~あるいてく~

銀河系を巻き込んだ親子喧嘩に加担した密輸業者の宇宙船の模型を作ってます

デアゴ ミレニアムファルコン作製記 Episode 064 [船倉と廊下パーツの素組み]

   

28号までで船倉と廊下パーツの配布が完了した様なので、全体の作業の順番を整理するために素組みを行い、皆さんが既にやられている保護パッドの複製まで行いました。

特段、新しい内容ではないので、ここまでの整理のため淡々と写真を貼ってます。

 

アーチのパッド装着

面倒くさいと思ったらいけない。このパーツを組むのも、多分一生で今日だけなんだ!

と無理くり超ポジティブシンキングを発動させて取り掛かりました。

img_8018

アーチに取り付けられたパッドは無塗装でこのまま使うつもりです。廊下は複製するので塗装の予定ですので、色合いが若干異なってくると思います。

パッドは、取り換え用が販売されており、ハンが大掃除の時に取り替えたため。という無理な設定をでっち上げ。

img_8019

中毒性あるのか、意味もなく楽しかった気がします。

 

素組みには、貼ってはがせるピットマルチ・2が便利

img_8026

 

前述のとおり、パッドは後で塗装する予定なので、仮止めしています。

「師匠」こと、仲田裕之氏オススメの「トンボ マルチピット2」という糊が使いやすいです。
img_8027
img_8021

そこそこの接着力があり、乾くと透明になるので、仕上げに使っても、今回の様に後で剥がす目的でも利用可能。一本置いておくと便利です。

 

 

連絡通路の矛盾

てな感じで一連のパーツを仮止めして、やっと皆さんのカストマイズしてる部分の不満点や場所が明確に。(遅いよ)

形になってくるとテンション上がります。

img_8022

 

 

この狭い通路のパーツは、デアゴ独自解釈で矛盾を解消するためのパーツとの事。

img_8032

船倉は、上下方向の船体の中心で設計されているにも関わらず、コクピットの連絡口が水平になっている点が矛盾しているとの事。

 

 

文章だけ読むといまいち良く分かりませんが、1/144スケールで考えるとはっきりします。

img_8072

赤い線のコクピットからの通路の中心線と、船体の中間線の高さが全く合ってない(笑)

他の設定が細かいだけに何でこんな基本的な矛盾が出来たかは謎です。まあ、かっこよければいいんですけど。

こんなパーツを追加するより、なだらかな斜面としても良かった気がします。

 

img_8034

 

砲塔アクセスの合わせが良くありません。ここは自分で形状を弄った部分は無いのに、何でだろ。

 

廊下照明の確認

取り付ける位置と数の確認です。
早速穴を空け、照明を取り付けたくなりますが、これらのパーツは天井の保護パッドの複製に必要なので、ここは我慢です。
img_8036 img_8037

 

保護パッドの複製

言われなければ気づかない、言われたらすげえ気になるのがこれ。。

img_8031

 

通路は一部がカットモデルになっているが、天井に近い部分のパッドが省略されています。

レッサーかずさんも、taraさんもパーツを追加されており、ここは真似っこしないと寂しい部分ですので、対応します。

かずさんは、22号の追加購入、taraさんは光硬化パテでのパーツ複製で対応されています。
img_8049
おゆまるで型取りをして、レジンで余裕を持った数を複製しました。
img_8053
おゆまるからレジンを外す時、剥がしづらかったり破片が残ってしまったりしてたので、シリコンバリアーを塗ってから流し込みをしました。
img_8055

 

レジンが完全に硬化するまで待ちます。先は長いですが頑張ります。

 

 

  関連記事

関連記事

 - デアゴ ミレニアムファルコン , ,