I Shall Foot It! ~あるいてく~

銀河系を巻き込んだ親子喧嘩に加担した密輸業者の宇宙船の模型を作ってます

デアゴ ミレニアムファルコン作製記 Episode 072 [左舷通路延長パーツver.2]

   

昨日の続きで、左舷通路延長パーツの改良を行いました。

最初はtaraさんにパーツ作製を依頼されてたのですが、やってるうちに自分も取り入れたくなってきてます。

ってことで、なかなか本流の作業に入れていません(笑)。

 

左舷通路延長パーツのver.2の改善点

  • 採寸がシビアで、純正パーツと合わなかった内径を0.6mm拡張
  • 廊下のパーツを分割(下面には廊下を受ける溝を追加)
  • 強度を上げるため、外径を1mm拡張

3Dイメージはこんな感じです。

2016-10-23_07h35_56

 

 

印刷

フィラメントの消費量と原価

できうる限り、最高品質の設定で印刷をしました。

2016-10-23_08h28_07

 

2016-10-23_08h30_07

 

  • 使用量 19.21cn
  • フィラメント単価 13.7円
  • 原価 19.21円×13.7円≒262.2円

 

印刷結果

出来上がり。低速でやったので3時間程度掛かりました。

img_8321

 

 

プリンタから取り出します。

img_8322

 

廊下を乗っけるミゾを作りました。

img_8323

 

上下を仮止め

img_8324

 

バリを取ってないのでちょっと浮いてますが、この様にRに合わせて廊下が乗っかります。

img_8325

 

 

img_8326

 

 

合いのチェック

それでは、実際にパーツと合わせてみます。

上から撮影。強度を保つために外径をちょっとだけ太くする必要がありました。

img_8329

 

真正面から垂直に後方を臨む。向こう側は完全に隠れました!

img_8328

 

img_8327

 

 

 

 

廊下をアップ。

やったね。ちゃんとツライチになりました。

 

img_8332

 

後の工程は、カスタマイズによって方向性が変わってくると思います。

 

taraさん、こんなもんでどうでしょう?

 

おまけ(海外モデラーの工夫)鏡戦法

レッサーかずさんや6jiroさんから教えて頂いた、鏡を使ってあたかも奥にも通路がある様に見せる方法もあります。

 

 

 

しかし、これだと大きな欠点、というかどうしても譲れない箇所が。。。

 

鏡の直前のアーチが映り込んで2重になってるんですよね。。。。

 

という事で、パーツを繋げる案にしたいと思います。

もうちょっと延長してカルリシアンハッチまで届くようにするかはまた今度!

 

 

  関連記事

関連記事

 - 3Dプリンター, デアゴ ミレニアムファルコン , ,