I Shall Foot It! ~あるいてく~

銀河系を巻き込んだ親子喧嘩に加担した密輸業者の宇宙船の模型を作ってます

デアゴ ミレニアムファルコン作成記 Episode 104 [再開します!]

   

前回の投稿からだいぶ月日が経ってしまいました。

梅雨が明け、夏になると(暑くて危険、ってのもあるけど)やるべき庭仕事も減ってきました。

まぁその他にも色々とありましたが、仕事面でも長いスパンで、転機のタイミングであることもあり、ようやっと再開する気になってきました。またよろしくお願いいたします。

 

ちょっと間を開けちゃうと億劫になっちゃいますね。

 

いきなり全開!という訳にもいかず、これまでどこまで進んでいたかを、自分のブログで確認する始末。

記録って、大事ですね。なんだか思い出してきました。

 

 

現在のファルコン

ボディ下部を黒立ち上げ下地塗装をし、その後にいくつかパーツを取り付けた状態で、ボディ上部は無塗装のまま単身赴任の時に買い付けたグラグラのテーブルに駐機中。マンディブルは未取り付けで保管しています。

ありがたい事に、定期的に嫁ちゃんがホコリをはたいてくれていて、キレイな状態のままです。感謝。

 

 

 

未開封だったパーツ類

買ったまま積んでいた宅配便の中身を確認。な、何だっけ。(´・ω・`)

shapeways

 

shipping free(年に数回ある)のタイミングでおまとめ購入していましたが、いろんなパーツを何回もカート出し入れして迷っていたので、最終的に何を注文してたかの記憶はおぼろげ。

 

 

デアゴファルコンのエンジングリル、頭上注意灯、それにバンダイのプレミアムファルコンに座らせたいフィギュアたちでした。

(思い出してきた。。)

 

バンダイ版はEP4がモデルなので、モス・アイズリー宇宙基地からの発進直後の乗員、チューイ、ソロ、ルーク、老オビワンの4名を注文していました。

 

スペックプレート

こちらはデアゴのオプションパーツ、スペックプレート。3月ごろ届いてました。

 

プレートに自分の名前を刻印できるので、注文時に記入か所がありました。

 

これを注文した他の方は、パネルに自分の名前があるのはちょっと恥ずかしいと空欄にしたり、別の情報にしたという方が多かった様です。

 

自分は、「スターウォーズ ロゴで自分の名前が工業製品として刻印される」ことに妙なカタルシスを覚え(笑)、素直にフルネームで注文。

完成しても一人でにやにやして大々的にお披露目する訳でもありませんし。

 

写真ではマスキングしておりお見せ出来ませんが、いい感じです。

 

 

 

リモコン制御のテープLED

大きな封筒が未開封で、開けてから思い出した。

普通に単色のテープLED買うよりこっちのフルカラーLEDを買う方が安上がりです。リモコンも付属しているし。

 

 

ディスプレイテーブルの上部に取り付けるつもりです。すぐに壊れそうなリモコンが付属していますが、シーンを設定したら学習リモコンで制御するようにしたいと考えてます。

 

前回までの作業

直前の記事はプレートの額縁をDIYした時の投稿でファルコン自体には手を付けていませんでした。

さらにひとつ前の記事から推測すると(自分の作業だろ!)、散々投稿を繰り返してきた右マンディブル改造に対して、左マンディブルは一回の投稿で完成!とか言っちゃってます(笑)。

 

プロップ再現道は、どこかでラインを引かないと自分の場合は飽きて途中で辞めてしまいそうな確率が高いのと、懐具合も考えてパラメーターの振り分けを下げる事にします。

 

次は、手順通り進めていくか、塗装に着手するか、もう一回作りたいコクピットと船倉をやるか、といったところ。

純粋に、「楽しそうなもの」から始めます。

 

 

 

今日、ハン・ソロ ストーリーを観に行きますので、内容によっては、新車状態のこっちを先に触ってしまいそうですが。

 

 

 

 

  関連記事

関連記事

 - デアゴ ミレニアムファルコン , , , , ,